家づくり


地盤調査のこと

スウェーデン式サウンディング試験という方法で、地盤調査を行います。

先端にドリル状の部品がついた鉄の棒(ロッド)を地中にねじ込んで地盤の強度を測定します。計画建物の四隅と中央の5か所以上を使い、ロッドを地面に垂直に立てます。垂直に立てたロッドに重りを乗せることで、荷重に対する貫入量を測り土質や地盤の強度を算出します。地盤調査の方法としては簡易的な部類に含まてれおり、今では一般の木造住宅の地盤調査で使用されるのが主流です。調査の結果、地盤が軟弱な場合は地盤改良を行います。

基礎のこと

基礎工事 は「ベタ基礎」を推奨します。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。 また、地面をコンクリートで覆うので 地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなります。

断熱のこと

断熱は予算に応じて、「グラスウール」「現場吹付発泡ウレタン」「スーパーウォールパネル」でご提案いたします。

 

グラスウール

リサイクルガラスなどを高温で溶かして細い繊維状にした断熱材です。

他の断熱材に比べてコストがかかりませんが、素材が柔らかいのでヨレや落ちが発生し、断熱性が落ちる可能性もあります。

 

発泡ウレタン 

発泡スチロールのような素材で、その場で専門業者が吹き付けます。

どのような形状でも隙間なく密着することができるので、断熱性能は抜群です。経年劣化も少なく何年経っても断熱性能は変わりません。

 

スーパーウォールパネル

高性能な硬質ウレタンフォームを使用。

その特徴は湿気を通しにくく、グラスウール比およそ2倍の断熱能。壁の内部結露を抑えることができるため、住まいの耐久性向上に効果を発揮します。

(※グラスウール16Kとの断熱性能比較)

家相のこと

わたしたちは二代目に引き継いだ今でも、間取りを作る際に方角(「家相」)を必ず見ます。プラン作成時にわざわざお伝えしていないかもしれませんが実は見ています。

方角や家相、風水には特にこだわりはないけど、「鬼門」って聞いたことがあるという方が多いはずです。「鬼門」は鬼が通る道といわれており、この「鬼門」「裏鬼門」にキッチン、トイレなどの水廻り、玄関を配置してはいけないとされているのでここを避けて間取りを作ります。あまりにもこだわりすぎると生活しにくい間取りになってしまいますので、「鬼門」「裏鬼門」に気を付けて生活動線を考慮した間取りをご提案します。

古臭い風習や気にしないという方もいますし信じるか信じないかは…みたいなところもありますが、「鬼門」「裏鬼門」だけは大事なので見させていただきます。その他気になる所がありましたら、ご相談ください。